二宮愛ロゴ

二宮愛
二宮愛
NINOMIYA AI
PROFILE
平成2年2月2日生まれ 0型。
作詞・作曲・アレンジメントを自らも手がける実力派シンガーソングライター。
ポップスの黄金期とも言える80年代サウンドを彷彿させるメロディアスな楽曲を、日本人離れした圧倒的な歌唱力で歌い上げる。
彼女がボーカルをつとめるmatthews(マシューズ)のオリジナル楽曲【My Place】は、日活100周年映画として9月に公開された『死ガ二人ヲワカツマデ…「第二章南瓜花」』のオープニングテーマとして起用され、その楽曲を収録したデビュー・アルバム【Girls Like Drama】には、シェネル「ベイビー・アイラブユー」「ビリーブ」のプロデューサーとしても有名な、EIGO氏のプロデュース作品【365】も収録されている。
また、2014年7月にTBS「UTAGE!」にTV初出演したことを機に、歌唱力の高さからネット上で話題になる。Twitterで「あの女性歌手は誰だ」と「二宮愛」が検索ワードとして急上昇。
2015年2月4日には初のカバーアルバム『From The Kitchen Corner』をリリース。楽器を一切使用せず、全て自身の声とキッチン用品の打楽器音だけで作成した「ひとりアカペラオーケストラ」の楽曲が話題に。関東各地で26回の生ライブを敢行。そのコンセプトを持ってTBS「ライブB♪」では初の全英詞楽曲「JODY」を歌唱。
2015年4月日本テレビのドラマ「ワイルド・ヒーローズ」で女優デビュー。
2015年7月にハワイアンレゲエアーティストALEXXXのNewアルバムにゲストヴォーカルとして参加。
2015年11月には、自身の参加する「IN YA MELLOW TONE」の代表シンガーとして、 韓国ソウル・中国上海でもライブを行う。
2016年には、⾃身の参加する「IN YA MELLOW TONE」の代表シンガーとして、韓国ソウル・中国5会場でもライブを行う。
同年、TVアニメ『血界戦線』の劇中挿入歌の一部を作詞、歌唱。日本人での起用は二宮愛のみ。
2017年・2019年・2021年 ミュージカル「レ・ミゼラブル」にてファンテーヌ役を演じる。
2020年1月16日グローバル版、ゲームアプリ『アークナイツ』挿入歌「Speed Of Light」の作詞、歌唱を担当。
2020年6月17日よりAi Ninomiya YouTube Channelを開設。

ARTIST

ACTOR

TALENT